訪問医の選び方

高齢化社会の到来とともに、通院の難しさなどが伴って、在宅医療を望む疾患者が多く存在しています。その場合、どのような訪問医を選ぶべきか迷うところでもあります。
通常、訪問医は、これまで通院ないしは入院していた医療機関から紹介してもらうことが、選び方としては確実性があります。

カルテなどの申し送りも抜かりなくおこなわれますので、これまでと何ら変わることのない診察がおこなわれます。
今後、医者の方から定期的な訪問が繰り返されることになりますが、状況によっては緊急に駆けつけてくれる体制が組まれていることが望ましくもあります。

看護師などのスタッフも複数存在して、専門分野ごとに待機していることも、安心感があります。
また、医者との相性の良し悪しといった面も、今後の訪問診療の順調な経過を左右しますので、馴染みにくい場合は、別の医者を依頼することができれば、余計な不安も解消されることになります。
その他に、訪問医は、患者のみならず、患者を取り巻く家族とのコミュニケーションを円滑に図ることができる人材であることが望ましく、この点も大切な選び方のひとつになります。
家族の一員ととらえることができる人が理想になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>