訪問診療とは

訪問診療とは医師と看護士の2名が通院が困難な方の自宅に出向き診察や治療を行うことです。

往診との違いは訪問診療の場合は月に2度の定期的訪問や病状によっては頻繁に訪問するというスケジュールが組まれていますが、往診とは救急車を呼ぶほどの事でもないけれど、病院に行くことが困難に時にその一時的な時だけかかりつけの医師に来て貰う事です。

定期的か突発的な時かの違いといったところでしょうか。訪問診療をうけるには本人やご家族の意向も受け入れて進められます。
訪問診療はそれまでの病状などを今まで見ても貰っていた病院から申し送りを受けて計画的な治療方針を立てて行われます。
お薬は処方箋を書いてくれて最寄の薬局にFAXで送ってくれるので家族はそれを取りに行く必要があります。

内科だけではなくて歯科の先生も訪問診察や治療を行ってくれます。
終末医療を考えた時出来るなら住み慣れた家で家族の側で過ごしたいと本人が望み
介護する家族も了解すれば訪問診療はとてもよいシステムです。

24時間対応の所もありますから何かあれば来てくれて病院に連れて行かなければならない時も手助けしてくれますのでご家族も安心できるのではないでしょうか。

≪訪問診療についてもっと詳しく≫
訪問診療のデメリット
訪問診療の料金(点数)

≪在宅医療についてはこちら≫
在宅医療とは

≪通院との違いについてはこちら≫
通院のメリット/デメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>