在宅医療とは

日本は高齢化が急速に進行して、病院では入院する患者が増えてきました。

とくに高齢の患者は、長期間の入院をするが多くなるために、病院での空きベットが確保できないといった問題が生じる現状が出ています。そこで、政府では在宅医療を推進する動きを強めています。
在宅医療は、自宅に医師や看護師、薬剤師を招いて、診察や治療などの医療行為を行ってもらうものです。これまで在宅の医療のための医師の確保が難しい状況がありましたが、徐々に増えていく方向にあります。

在宅医療は、地方自治体ごとに管理されている場合が多いですが、地域ごとに各種の調整役をする人を置く動きも出ています。
今年4月からの診療報酬改定で、在宅医療の診療などの点数が増えたことから、今後、在宅医療は拡大していくことが予想されます。

調剤薬局やドラッグストアーでも、在宅医療のための薬剤師の派遣に力を入れるところが多くなってきています。在宅医療が増えていくことで、病院での長期入院の問題も徐々に解消されていくかもしれません。

[求人]在宅医療ができる医師を募集しています!

≪在宅医療についてはこちら≫
在宅医療のメリット
在宅医療のデメリット
在宅医療の料金(点数)

≪通院との違いについてはこちら≫
通院のメリット/デメリット

≪訪問診療についてはこちら≫
訪問診療とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>